ヲタでダメ人間の日々の記録です。誘惑に弱いのですぐに散財してしまうのがたまにキズ。ご利用は計画的に(笑)


by the_usagisan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Jホラーシアター第1弾・感染/予言を観てきました。

a0034331_1473810.jpg

日本が誇る6人の監督が競いあうJホラーシアター第1弾!「感染/予言」を観てきました。
当初、劇場には人数まばらかな?と思いきや結構客が入っていてびっくり。
そんなわけで今回はネタバレするのでネタバレが嫌!ちゅーう方はしたの「ネタバレOKの人はクリックしてね♪」をクリックしないでください。ほぼ、ストーリーに触れるので。



まず、感染からです。監督は落合正幸。代表作はわかりやすく言うと「パラサイト・イヴ」や「催眠」です。他には世にも奇妙な物語にちょくちょく作品があります。どれも一度は観たことのある作品ばかりです。
 この感染という作品ですが自分の中では結構怖かった?です。怖いという表現をしているけどどっちかと言うと心理的に怖い作品でした。ストーリーは、経営不振でもう限界の病院が舞台で給料も支払われず、医師も少なくしかも病院の医院長と連絡がとれない状態。今日を乗り切るのに精一杯。そこに、何とか頑張ろうと必死に頑張ってる医師・秋葉(佐藤浩市)。病院に絶望してやる気ゼロに近い医師・魚住(高嶋政伸)。職務に忠実な婦長・塩崎(南果歩)。小児科が務まらず外科に回されてきた・平田(山崎樹範)。看護学校出立てのドジッ子看護婦・安積(星野真理)・・・などなど問題をそれなり抱えている人物が今日も病院で働いていた。ある、ほとんど身元不明な患者がいてその患者が急変。てんやわんやしていると、救急で感染症の患者がほぼ無理矢理に運ばれてくる。秋葉は必死にそんな余裕家にはない!と拒否するが救急隊員にほぼ脅迫されて受け入れる。そうこうしてるうちに、身元不明の患者に対応していたが投与する薬物を間違えて患者を死なせてしまう。その現場にいた秋葉や魚住、婦長、看護婦の桐野(真木よう子)は後々の自分達の待遇をみこして隠ぺいをはかる。さいわい患者は身元不明なので安心だがすぐ死亡報告すれば、仮に血液検査されてしまってはバレルんで患者を腐らないように暖める。ほっとしているのも束の間。監視モニターで、急患の患者が置きっぱなしになっている事に気づいてあわてて対応。駆けつけると患者がいない?どこに?と思っていると佐野史郎演じる赤井医師が急患の患者をみていた。そこには、からだがドロドロに溶けはじめている患者がいた。秋葉はすぐに応援を要請しようというが赤井は自分たちが第一発見者なので研究すれば後々の待遇もよくなるだろう持ちかけて研究を開始する。そして、婦長の様子が・・・!
 こんな感じにストーリーが展開していくわけですが。もう観ていてズッとなんか息苦しかったです。登場する病院がまた不気味でしょうがない。しかも、謎の痴呆の老婆(草村礼子)が更に作品に奇妙なスパイスをだしていた。映像も暗めで、ワザと人の肌を顔色を悪くするように撮影されていた。感染した人は、身体がドロドロに溶けてしまい、しかも感染原因がわからない事情をしらない看護婦など次々に感染して犠牲になっていく。だんだん、みんな疑心暗鬼になっていく様をみていると気の毒になってくる。物語が進むにつれて感染とは何かとうすうすわかってくる。物語冒頭などでかなり伏線がはられていました。冒頭に登場する羽田美智子演じる神経科医が言うわけです、「りんごは明るいとこでみても赤。でも暗がりの部屋でもリンゴは赤く視える。これは、脳がリンゴは赤と認識していて赤くみせられている」みたいな言葉ある。これがこの感染のテーマであり伏線でもある。本当に視ているものソレなのかという事・・・。自分の中ではかなり楽しめましたこの作品。後、星野真理演じるドジッ子新人ナースですが途中感染してからの壊れっぷり(電波っぷり)がかなり見応えありました。・・・自分はですけど・・・。

次は、予言。
監督は鶴田法男。代表作は「リング~バースデイ~」や「案山子」などなど。
内容は、三上博史演じる主人公・里見にある予言が書かれた新聞が届く。・・・この時点でんっ?と思った。それってつのだじろうの恐怖新聞では?とおもったら原作はまんま恐怖新聞でした。しっかり鬼形礼も出てきます。でも、その時点で自分の中では失礼だけど予言を観るのが辛くなってしまった。何せコレばっかりは話の展開がわかるので・・・。案の定、予想通りの展開で話が終了。なんか、今回の第1弾は、感染のデキがよくて予言はなんかパワーを感じなかった。折角、作るならオリジナルで怖いのを作ってほしかった。あまりにも、解りやすい展開だったので、ブログに書く気がないのですみません。興味もった方は見てくださいな。

とまぁ、予言の方は適当ですが、第二弾、第三弾に期待したいと思います。じゃんじゃんJホラーを展開していって欲しいです。いま、ジャパニーズホラーが熱いので・・・。
[PR]
by the_usagisan | 2004-10-03 02:41 | 映画みたよ!